会社案内

建設現場に無くてはならない、溶接の技術を身につけませんか?

現場溶接工

現場溶接工

【現場溶接工の仕事】

ビル・橋の柱梁などの鉄と鉄を一体化する仕事。(半自動溶接機を使用し、溶接する。)

【現場溶接工の魅力】

各資格を取得するまでは時間がかかりますが(技量による)、建設現場の中でも高齢まで仕事ができます。

資格の取得が難しいため、他業種に比べ賃金は高い。経験を積み技量を向上させることで、地図に残るような大型物件の仕事ができ、やりがいがあります。

現場の溶接状況

下向

下向の溶接

横向

横向の溶接

立向

立向の溶接

溶接技能者になるまでの流れ

溶接の向き

溶接には下図のような向きがあります。
最初は下向・横向をメインに練習してJISの溶接技能者取得を目指します。

溶接の向き

AW検定

JIS資格を取得できたら、AW検定の取得を目指します。
向きは、下向・横向・立向・下向(固形タブ)の4種類です。

AW検定試験の流れ

テストピースの作成

テストピースの作成
※一体ずつ丁寧に組上げていきます。

テストピースの保管

テストピースの保管
※組上げたテストピースは、寸法を計測し試験当日まで錆びないように保管します。

試験当日

試験当日、検定員による資格証・生年月日の本人確認。

試験中の溶接状況

試験中の溶接状況。